MENU

血糖値を下げる成分や食品

血糖値を下げる成分や食品

高血糖が気になるときには血糖値の急激な上昇を防ぐ働きのある成分や食品について学びましょう。
高血糖を防ぐ成分としては、いくつか分類されます。

「インスリンの働きを促進する成分」

クロム、ピニトール

クロムを含む食品:キノコ類、魚介類、豆類、ナッツ類、生成していない穀類、貝類、ブロッコリーなど
ピニトールを含む食品:アイスプラント、ルイボス、豆類豆製品

「糖の代謝を促進する成分」

硫化プロピル、クエン酸、クエン酸、コロソリン酸、クロロゲン酸

硫化プロピルは玉ねぎに、クエン酸は梅やお酢、コロソリン酸はバナバ茶、クロロゲン酸はヤーコン茶に含まれています。

「血液への糖の吸収を遅らせる成分」

食物繊維、グァバ葉ポリフェノール

食物繊維を含む食品:海藻類、ごぼう、かぼちゃ、しそ、ニラ、パセリなど
グァバ葉ポリフェノールを含む食品:グァバ茶

と、このように血糖値を下げる成分や食品があります。
高血糖を改善するために、糖尿病対策のためにも、低GI値食品と同様に食事に取り入れていきましょう。

とくに注目したい成分は「ピニトール」です!

血糖値を下げる成分や食品

血糖値を下げる成分にはいろいろとありますが、その中でも注目したいのが「ピニトール」という天然成分です。現在、注目を集めている成分のひとつで、もともとは1987年にインドのブーゲンビリアの葉から分離同定され、アメリカで1992年にFDA(アメリカ食品医薬品局)」に登録されています。
主に乾燥地で自生する植物に含まれる特徴があり、インスリン抵抗性症候群の改善に効果が期待できます。
また、不妊の原因ともされる多嚢胞性卵巣症候群の改善にも有用と言われています。

 

現代の人はインスリン抵抗性症候群が多いとされているため、ピニトールは非常に注目を集めています。
ピニトールは主に「アイスプラント」に含まれています。その他にルイボスティーや豆類も持っていますが、含有量では飛びぬけてアイスプラントが豊富です。

 

アイスプラントはフランスなどでは高級食材とされていますが、日本では低コストで購入できます。身近な食品で、そのままでもわずかに塩味がするので、自然のままに食べることができます。

 

自宅でも栽培することができ、通販などで栽培キットが購入できます。
ただし、育て方は難しいと言います。
また、アイスプラント自体も身近と言っても、一般的なスーパーなどでは取扱いが少ないのが現実です。

 

 

 

 

普段摂りにくい成分ならサプリメントで

 

高血糖を下げる成分は食物繊維など身近な成分も知られていますが、やはり注目したいのは「ピニトール」です。
しかし、現実問題ではピニトールは摂取しづらい成分のひとつです。
主に含まれるアイスプラントも近所のスーパーでの取り扱いも少ないですし、日本ではコスパが良いとはいえ、毎日新鮮なものを手に入れて食べるのは困難です。

 

しかし、摂りづらいものをわざわざ紹介いたしません!
手軽に摂る方法があります。それは、サプリメントです。

 

『グラシトール』というサプリメントでは、ピニトールをメインに使用しています。しかも、1日分に300mgも配合されています。
有用成分がしっかり配合されているので、利用者のクチコミでは大好評。実感の声がたくさん寄せられています。
しかもスピーディーに実感しやすく、1ヶ月以内で実感できたという声もあります。

 

また、グラシトールのメリットは血糖値改善だけでなく肥満対策にもなります。
実際に私も飲んでいましたが、体脂肪がお恥ずかしながら30%あったのですが服用してから20%台に改善できました。もちろん、血糖値にも変動が見られました。

 

グラシトールはコストパフォーマンスで見ても優秀です。
海外では高級食材として取引される原材料ですが、ピニトールは1ヶ月分の価格が4,552円、定期コースなら3,870円です。
どちらも通販で申込み可能ですが送料無料。
ちなみに1日分に換算すると約139円程度です。
家計への負担も少ないことから、血糖値に悩む世代の方に、また夫婦でご利用されているご家庭もあるようです。

 

無論、サプリメントはあくまで栄養補助食品です。
食事療法や運動療法が基本となりますが、そこに取り入れたいものがサプリメントです。