MENU

ゼロカロリー食品の落とし穴

ゼロカロリー食品の落とし穴

ダイエットや肥満の改善を始める方にとって魅力的な食品といったら「ゼロカロリー食品」ではないでしょうか。
最近はゼロカロリー食品も増えていて、カロリーを大幅に抑えられるので食事に取り入れる方も多いと思います。

 

高血糖が気になる方にとっても魅力を感じるのですが、そこには落とし穴もあります。

 

まず、ゼロカロリー食品の多くが甘い食品です。たとえば、ジュースやゼリーなど。
ゼロカロリーなのにも関わらず、違和感のない甘みがありますが、これは人工甘味料を使っているからです。
自然界には存在しない合成甘味料のことで、たとえば「アスパルテーム、サッカリン、スクラロース、アセスルファムカリウム」などの種類があります。
これらをフリーフードと言い、アメリカでも正式に認可されているカロリーフリー糖質フリーの人工甘味料です。
アメリカではカロリーや糖質の制限中の方に、砂糖代わりとして広く使われてきたと言われています。

 

前述の甘味料は、普通の砂糖よりも甘みが強いのが特徴です。
スクラロースに関してはなんと600倍もの甘みを持っており、アスパルテームでも200倍ほどです。
これらの人工甘味料はカロリーオフの目的の他に、コストダウンの面でもメリットがあり使用されている傾向にあります。

 

甘みのある食品を控えなくてはならない高血糖の方にとって、非常に嬉しい食品であるものの、危険性も潜んでいることを知ってください。
実は、人工甘味料の摂取で血糖値が上がりやすい体になるという説も出ています。

血糖値に関する人工甘味料の具体的な危険性とは?

ワイイツマン科学研究所のエランエリナフ研究員が実験を行いました。
その実験では、人工甘味料の摂取で「耐糖能異常」の問題が判明したのです。
耐糖能異常とは、空腹時の血糖値が「100mg/dl以上」を指します。

 

今回の実験では、3匹のハリネズミを対象に、それぞれに、

  • 人工甘味料を含む水
  • ブドウ糖を含む水
  • ただの水

を与えました。その後11週間後に、ブドウ糖を与えて耐糖能を調べました。
その結果、人工甘味料を含む水ブドウ糖を含む水を飲んでいたネズミたちは、耐糖能異常が確認されています。

 

要するに実験によると、摂取したときに血糖値が上昇しない「人工甘味料」でも、血糖値をスピーディーに高める「ブドウ糖」でも、同じように耐糖能異常が起こることが分かったのです。つまりは、ゼロカロリーだからといって人工甘味料の食品を食べても、高血糖の改善に役立つとは言い切れないことが分かったことになります。

 

また、ワシントン大学のヤニナペピーノ博士の研究によると、さらなる危険性が確認されてます。
糖尿病ではない方、十数名を対象に、「人工甘味料を含む水を飲むグループ」「ブドウ糖を含む水を飲むグループ」に分けた実験で、数時間後に両方のグループに同じブドウ糖を含む水を飲んでもらい、血糖値をはかったところ、なんと、人工甘味料を含む水を飲んでいたグループの方が、20%以上も血糖値が急激に上昇したと出ています。

 

このように数々の実験データからも分かるように、ゼロカロリーだからといって高血糖の改善に役立つ食品とは言い切れません。むしろ、血糖値が高くなりやすい体になってしまうので注意が必要です。

 

蛇足になりますが、人工甘味料は味覚を狂わせる危険性も潜んでいます。
そうなると、甘いものを摂ったときに出るホルモンのドーパミンが分泌異常を起こし、甘味への依存性が高くなります。
自覚がなくとも知らずのうちに甘いものへの執着心が出てしまうので気を付けてください。

 

どうしても甘いものが摂りたいときには低GI値の黒糖を選んだり、メープルシロップなどを取り入れてみてください。適量に食べたあとは、サプリメントで血糖値をコントロールすると体への負担を軽減できます。